展覧会情報

京都dddギャラリー第230回企画展 SURVIVE - EIKO ISHIOKA /石岡瑛子 デザインはサバイブできるか ※gggより巡回

2021年10月16日(土)~12月18日(土)

Designed by Hiroaki Nagai
Designed by Hiroaki Nagai
  • シェア
  • ツイート
  • URLコピー
石岡瑛子(1938-2012)は、1960-70年代の東京で、資生堂、パルコ、角川書店などのアートディレクター(AD)として、広告界にセンセーションを巻き起こし、当時世の中にある「女性」のイメージをことごとく覆し、1980年代の「女の時代」到来の布石を打ちました。特に、70年代、最も熱いメッセージを送り続けた一連のパルコのポスターは、カメラマン、コピーライター、モデル等との親密でありながら、緊張感みなぎるコラボレーションにより、世界も驚くほどの表現水準に高まり、広告の領域を超えて強烈なアートとして時代を彩りました。本展は、2020年12月から2021年3月まで東京のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で開催され、好評を博した石岡瑛子個展を、再編成し巡回するものです。資生堂やパルコなどの広告キャンペーンの名作をはじめ、映画や演劇のポスター、レコードジャケット、自著を含めた多様なブックデザイン他、主に1980年代のニューヨークへ渡るまでの日本の仕事に焦点を当てます。さらに、日宣美賞受賞作品や学生時代のスケッチ、制作過程の一環を垣間見ることのできる校正指示やアイデアラフなど、クリエイティブに対する情熱を伝える作品・資料を、石岡瑛子の言葉とともに展開します。
生前、石岡がマントラのように唱えていたことば、「ORIGINARITY」、「REVOLUTIONARY」、「TIMELESS」。半世紀近い時を超えてなお、これら石岡瑛子の革命的な創造精神の破片は、私たちの心を激しく揺さぶりながら、確信を持って「目覚めなさい」とささやいています。

会場・会期

京都dddギャラリー
2021年10月16日(土)-12月18日(土)
開館時間11:00-19:00 ※土曜日は18:00まで 
日曜・月曜・祝日休館 入場無料
〒616‒8533 京都市右京区太秦上刑部町10
TEL:075-871-1480   FAX:075-871-1267
地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分、嵐電嵐山本線 嵐電天神川駅
徒歩5分、市バス・京都バス 太秦天神川駅前下車、駐車場無

監修

石岡怜子 河尻亨一

デザイン

永井裕明(N.G.inc.)

展示構成

中沢仁美(シービーケー)

展示映像

加藤貴大(motion graphic director)
熊本直樹(design director)
EDP graphic works(motion graphic design)

石岡瑛子(いしおかえいこ)

デザイナー/アートディレクター。東京藝術大学卒。1961年、資生堂宣伝部入社。前田美波里を起用したポスターなどで頭角を現し独立。70年代にはパルコ、角川文庫など時代を揺るがす数々のキャンペーン、ファッションショーの演出、書籍デザイン他を手がける。80年代初頭に活動の拠点をニューヨークに移して以降は、美術及び衣装デザインなど、さらにボーダーレスに仕事の領域を広げ、舞台「M.バタフライ」でニューヨーク批評家協会賞、アルバム「TUTU」でグラミー賞、映画「ドラキュラ」でアカデミー賞を受賞するなど世界的評価を得る。作品集に『EIKO BY EIKO』『EIKO ON STAGE』、著作に『私デザイン』他がある。

「頭で見るな、カラダで知れ、その声を聴け」ー本展開催に寄せてー

「こんな世界でよくサバイブできているわよね、私」
瑛子さんはそう言った。独特にハスキーなあの声で。
2011年6月。私が取材でニューヨークのオフィスにおもむいたときのことだ。4時間におよぶ長いインタビューの中で、ふと漏らしたひと言。6年がかりの長い製作期間をへて、ブロードウェイミュージカル「スパイダーマン」が、ようやく本公演にこぎつけたタイミングでのコメントだった。
そこは白一色の空間。このアトリエで彼女は、ひとつのプロジェクトが終わるたびに「私」をリセットし、まっさらな”キャンバス”に向き合いながら、だれも見たことのないビジョンをつくり続けてきたのだろう。
あれから9年たった。
瑛子さんは旅立ってしまったが、生み出された仕事たちは、宝石のような輝きを放っている。移り変わりの激しい時代の中で、力強くサバイブしている。
「タイムレス(時代をこえて)」
「レボリューショナリー(革新的なマインドで)」
「オリジナリティ(私の底から湧き上がる何かを)」
―彼女がマントラのように唱えた3つの言葉に嘘はない。

映画監督フランシス・コッポラは、かつて瑛子さんを「境界のないアーティスト」と評した。
広告に映画、演劇といった業界の垣根だけでなく、ポスターやセット、衣装など彼女の”キャンバス”はジャンルをも超越している。「表現はかくあらねば」といった既成概念から、1万パーセント解き放たれた人だった。
映画監督ターセム・シンはこう言った。「エイコはディテールに悪魔を宿らせる」
そうだ、瑛子さんは"ディテール命"のデザイナーでもあった。彼女の表現には、感動を生きたままピンで留めるかのようなところがある。細部に生命力がみなぎっている。瑛子さんのオーダーに応えるため、写真家やイラストレーター、演出家だけでなく、製版・印刷その他の技術者たちも命がけでコラボレーションした。まさに命のデザイナーだと思う。

そういった瑛子さんの創造スタイルは、デビューの仕事である「ホネケーキ石鹸」(資生堂/1964年)や「シンポジウム:現代の発見」(日宣美グランプリ/1965年)を手がけた頃には、すでにベースが確立されている。
そして彼女は生涯その姿勢を貫いた。海外のクリエイティブ巨人たちと、どんな"お手合わせ"をしているときも。評伝『TIMELESS 石岡瑛子とその時代』を執筆する過程で、私はそのことに気づいた。

広告やグラフィックアート、エディトリアルからレコードなど、主に1960~70年代のグラフィックデザインの仕事にフォーカスした本展では、そんな瑛子さんの"原点"に出会うことができるだろう。
パルコや角川文庫など、時代にセンセーションを巻き起こしたメジャーな広告キャンペーンの名作も見応えがあるが、これまであまり見る機会がなかったプライベートワークや書籍デザインも魅力的だ。瑛子さんの声と言葉も"展示"される。
それらからは彼女の強さと柔らかさ、情熱と知性の両サイドが、まるで3Dホログラムのように浮かび上がる。
昨年冬から今年春。ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催され、センセーショナルな話題を巻き起こした「石岡瑛子・サバイブ」展が、この秋、京都dddギャラリーにやって来る。あの"熱量"はそのままに。
瑛子さんのパワーを全身に浴びていただきたい。鑑賞するのではなく、裸のココロで対峙してほしい。頭で見るな、カラダで知れ、その声を聴け。混沌とした時代に、立ち向かう勇気とエナジーもらえるから。
最後にもうひとつ彼女の言葉を紹介しておきたい。2008年5月。北京で応じてくれた5時間のインタビューから。
「いつも崖っぷちにつま先で立ってる。そんな実感があるわね。ヘタをすると落っこって命を落とすわけだけど、そこに踏ん張って生き残るみたいな―そんな瞬間が何度もある。クリエイティビティの本質はそういうことの中にありますから」
合言葉はサバイブ。石岡瑛子は生きている。

河尻亨一