展覧会情報

京都dddギャラリー第231回企画展 鳥海修「もじのうみ: 水のような、空気のような活字」

2022年01月15日(土)~2022年03月19日(土)

Designed by Ryu Mieno
Designed by Ryu Mieno

「日本人にとって文字は水であり、米である」というタイポグラファー・小塚昌彦の言葉をきっかけに、これまで100以上もの書体を生み出してきた鳥海修。本展「もじのうみ: 水のような、空気のような活字」では、氏がそもそも文字に携わる人生を歩むことになった山形県遊佐町から望む鳥海山の景色を起点に、私たちの日常生活において欠かせない「書体」がいかに制作され、普段目にするインフラとしての活字となっていくのか、デザインする過程で生まれたスケッチや試行錯誤の痕跡、下書き、仕上がった原字、実社会での使用例などを通して、これまでの仕事の展覧を試みます。
 

今後の予定

近日公開